ビカクシダ・着生植物

エアープランツの王様【キセログラフィカの育て方】生育環境、水やり方法、肥料、着生方法について徹底解説~

チランジア・キセログラフィカ、シルバーグリーンの綺麗な葉が特徴的なエアープランツ。

その堂々とした佇まいで、エアープランツの王様とも言われています。

チタノタちゃん

すっごく綺麗なエアープランツですね!

シルバーグリーンの葉がおしゃれで魅力的だね!

おーきっど

この記事では実際に【チランジア・キセログラフィカ】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

まとめ

・成長適温は15度~30度(春~秋)

・直射日光の当たらない明るい日陰、風通しの良い場所で育てる。

・春~秋の成長期は2〜3日くらいのペースで霧吹きやシャワーなどでたっぷり水を与える。

・冬場の休眠状態のときはあまり水を必要としないので週に1回程度、気温が高くなってくる午前中に水やりを行う。

・成長期に液体肥料、緩効性肥料を与えると、より早く大きくする事ができる。

・コルクや流木に着生させるとより強く成長させる事ができる。

・風通しの良い場所で管理、葉水を定期的にすると害虫予防になる。

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね↓/

チランジア・キセログラフィカ詳細情報

植物名チランジア・キセログラフィカ
原産地メキシコ、エルサルバドル、グアテマラ
分類ブロメリア科ティランジア属
成長適温15度〜30度
成長速度遅い、肥料の与え方で早くすることが可能
気候直射日光の当たらない日当たりの良い場所風の流れがある環境を好む
暑さやや強い
寒さやや弱い(5度以下は×)
植え込み資材、着生材水苔、流木、コルクなど
水やり霧吹き、シャワーなどでたっぷり

特徴

キセログラフィカはシルバーグリーンの長い葉が非常に美しいエアープランツです。

大型になる品種で、エアープランツの王様とも言われています。

部屋に飾るとおしゃれなインテリアグリーンとしても存在感を放ちます。

生育環境

キセログラフィカは主に中南米の標高の低い地域で、樹木や岩に着生している植物です。

自生地では風の動きがある環境で生育しているので、

暑い夏の時期に無風の環境で育てていると蒸れて、株が腐ってしまう事があります。必ず風の流れがある環境で育ててあげましょう。

室内で育てるのであれば、サーキュレーターを回して風の流れを作ってあげましょう。

日当たり

直射日光の当たらない、明るい日陰を好みます。

ですが、日光不足になると徒長して葉が伸びてしまい、株自体が弱くなってしまう事があります。

葉焼けしない程度に明るい場所で管理してあげましょう。

日当たりが強いと葉が赤みを帯びてストレスカラーが出ます。

ストレスカラーが出たら日当たりが強いので、もう少し影になる所に移動させてあげましょう。

夏場の直射日光に当ててしまうとストレスカラー(赤色)が出る前に葉が黄色く変色した葉焼けの状態になり、さらに日光によるダメージを受けると、黄色く変色した部分は枯れてしまいます。

特に夏場の直射日光には注意しましょう。

水やり

成長期(春〜秋)

最低気温15度以上であれば成長期です。

2〜3日に1度くらいのペースで霧吹きやシャワーなどでたっぷり水を与えましょう。

オススメの霧吹きです↓

キセログラフィカは水やり後は株元に非常に水をが溜まりやすいです。

水が溜まっていると腐ってしまうのではないかと心配になると思いますが、風のある環境で生育している場合は溜まっている水が原因で腐ることは無いので大丈夫です。

おーきっど

必ず風の動きがある環境で育ててあげようね!

注意!

ただ、真夏の時期(気温が35度以上)は株元に溜まった水が煮えて葉が傷んでしまうか、最悪腐ってしまう可能性があるので、気温が高くなる過ぎる時期は出来るだけ株元に水を溜めないようにしましょう。

休眠期(冬)

最高気温が10度を下回ってくると休眠状態になります。

休眠状態の時は成長が鈍化しているので、水をあまり吸収しなくなります。

週に1回程度、気温が高くなってくる午前中に水やりを行いましょう。

チタノタちゃん

冬の休眠期も水を溜めないようにしてあげようね!

エアープランツのソーイングについて

エアープランツの水やり方法としてソーキングがありますが、基本的に必要ありません。

ソーキングとは?

バケツなどに水を溜めて、エアープランツ全体を水に浸ける方法。

ですが、普段の水やりで元気が無い株や、水切れが続いている株などはソーキングを行います。

バケツにキセログラフィカ全体が浸かるくらい水を溜めて5分〜10分ほど浸けてあげましょう。

1時間以上、浸けてもあまり効果は変わらないので長くても30分くらいにしておきましょう。

ポイント

キセログラフィカの水切れ状態

キセログラフィカは水が足りていないと葉先がくるくると巻いてきたり、葉の両端がそり返ったりしてきます。

葉先が巻いた状態のキセログラフィカも綺麗ですが、あまり元気な状態では無いので、水切れの症状を確認次第たっぷりと水を与えてあげましょう。

肥料

キセログラフィカは肥料を与えなくても問題なく育ちます。

キセログラフィカを大きくしたい場合は成長期(春、秋)に2000倍~1000倍ほどに希釈した液体肥料を2週間おきに与えるか株元に緩効性肥料を与えてあげましょう。

オススメの肥料は「ハイポネックス」です。

おーきっど

肥料は薄く希釈したものから与えて徐々に慣らしていってあげようね!

成長が鈍化する真夏と冬の時期は上手く肥料を吸収することが出来ないので与えないようにしましょう。

株元に緩効性肥料を与える注意点としては、肥料焼けをおこして葉が傷んでしまう事があるので、1番外側の葉の株元に少量の緩効性肥料を入れるようにしましょう。

注意!

病気(褐斑(かっぱん) 細菌病)

肥料をやり過ぎるとキセログラフィカが肥料過多で弱ってしまい、褐斑細菌病にかかる場合があります。

葉が斑点状に黄色くなり、更に酷くなると茶色くなってきます。

黄色〜茶色の斑点を発見したら、肥料を与えないようにして管理方法を見直し様子を見ましょう。

株の大きさを現状維持したい場合やを小さく保ちたい場合は肥料は与えない方が良いでしょう。

チタノタちゃん

小さなキセログラフィカも綺麗で可愛いですよね!

着生方法

キセログラフィカは着生させなくても問題なく育ちますが、コルクや流木に着生させてあげる事でより元気に育ちます。

エアープランツの根っこは着生するためだけの仮根で水分や養分は吸収しないと言われていましたが、エアープランツの根からもしっかりと養分、水分を吸収する事ができるようです。

エアープランツを元気に力強く育てるなら出来るだけ、着生させてあげるようにしましょう。

おーきっど

流木にガッチリと着生したキセログラフィカもカッコ良いよね!

エアープランツの根っこは発根してすぐの新しい根っこの状態でなければ着生する事はできません。

古く乾燥した根っこは着生できないので、切ってしまっても大丈夫です。

着生方法としては成長期(春〜秋)に流木やコルクに根本をつけた状態で固定します。

ポイントとしては動かないくらいにガッチリ固定してあげましょう。

下葉を傷める事がありますが、出来るだけ動かない方が根が着生しやすいので、少し可哀想ですが針金、結束バンドなどでしっかりと縛ってあげましょう。

その状態で生育環境を整えてあげれば根が発根して着生材に着生します。

チタノタちゃん

キセログラフィカは発根しにくいと言われているみたいだけどその分発根した時の喜びも大きいよね!

害虫

キセログラフィカに害虫がつく事はあまり無いですが、風通しの悪い場所であったり、過度に乾燥状態が続くと、ハダニやカイガラムシがつく事があります。

出来るだけ風通しの良い場所で管理して、葉水も定期的にしてあげましょう。

おーきっど

害虫予防にもなって、エアープランツも元気になって一石二鳥だね!

害虫は発見次第すぐに取り除くか、薬剤を散布して害虫を駆除してあげましょう。

最後に

キセログラフィカは水切れ、害虫にも強く、非常に育てやすい植物です。

注意すべきは無風の環境と暑い時期の蒸れです。

蒸れて腐ってしまう事の無いように必ず風通しの良い場所で管理してあげましょう。

そうすれば元気なキセログラフィカを育てる事ができるでしょう。

ぜひ、皆さんもエアープランツの王様キセログラフィカを迎えてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

-ビカクシダ・着生植物