コーデックス・アガベ

ムチムチ№1【アガベ・チタノタ農大の育て方】ムチムチに育てる方法(徒長のおさえ方)生育環境、水やり方法、用土、病気・害虫について徹底解説~

アガベ・チタノタ農大、アガベ属の人気種チタノタの中でも特に葉が短く太くむっちりしているのが特徴です。

まん丸オベサ

力強い鋸歯がたまんないね!

ムチムチした姿が愛くるしいですね!

チタノタちゃん

この記事では実際に【アガベ・チタノタ農大】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

チタノタ農大の育て方

・成長適温は20度~30度(春~秋)

・日当たり、風通しの良い場所で育てる。

・春~秋の成長期は用土が乾いてから、水をたっぷりと与える。

・冬場の休眠状態のときはあまり水を必要としないので、月に2回程度の軽い水やりで抑える。

・用土は水はけの良いもの、無機質の用土を使う。(我が家は赤玉土1.5/鹿沼土1.5/軽石7の用土を使用。)

・植え替えは出来れば3月の後半~5月の間に行う。

・徒長が心配なら肥料は与えない方が良い。

そのほかにも【増やし方、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

アガベ・チタノタ農大、詳細情報

植物名アガベ・チタノタ(農大)
原産地メキシコ(オアハカ州)など
分類リュウゼツラン、アガベ
成長適温春~秋(20度~30度)
成長速度やや遅い
暑さ強い
寒さやや強い(3度以下は△)
環境日当たり、風通しの良い場所
用土水はけの良い用土
水やり成長期は用土が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与える

特徴

【アガベ・チタノタ農大】はチタノタの中でも葉が分厚く、短葉なのが特徴。

鋸歯も大きく力強い。

上手く育てる事が出来れば、短葉のまま綺麗なロゼット状に葉を展開させます。

生育環境

アガベ・チタノタ農大の成長適温は20度~30度で日本では春~秋が成長期になります。

また、チタノタ農大は風通しの良い乾燥した環境を好みます。

成長期は風通しの良い屋外で管理してあげましょう。

注意!

春~秋の時期に屋内で管理をする場合は、必ずサーキュレーターを回すなどして、空気の流れを作ってあげましょう。特に夏の時期は蒸れやすいので注意が必要。

冬の時期、アガベ・チタノタ農大の耐寒温度は0度と言われていますが、念のため気温が5度以下になりそうなら、屋内に取り込んであげましょう。

チタノタちゃん

寒すぎると植物も凍傷になるから気を付けて!

日当たり

年間を通して日当たりの良い場所で管理します。

チタノタ農大は日光不足だと徒長の原因になってしまいます。

日当たりの良い環境で育てる為に、成長期(春~秋)には出来るだけ屋外で管理して日光を沢山当ててあげましょう。

照度計があれば数値(Lux)で表してくれるので管理がしやすいと思います。

チタノタ農大は葉焼けを起こしにくいので、7月~8月の強い日差しでも遮光はあまり必要ありませんが、冬の間、室内管理をしていた株や、水を切っていた株をいきなり直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまう事があるので注意が必要です。

室内管理をしていた株は徐々に日当たりの良い場所に置いて、日光に慣らしていくようにしましょう。

冬の時期に室内管理をしている時でも、出来るだけ日当たりの良い窓辺に置いて、沢山の日光に当ててあげると耐寒性も高める事ができます。(※夜間の窓際は低温になることがあるので注意!)

まん丸オベサ

耐寒性が上がると、調子を崩す事なく冬越しが出来るようになるよ!

チタノタ農大は年間を通して日当たりの良い場所を好むので、どうしても室内管理になってしまう人は育成ライトを活用しましょう。

育成ライトがあれば、日照時間が短い冬の時期も「徒長」や「日照不足」になることなく乗り切ることができます。

我が家で使用している育成ライトです↓

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

チタノタ農大は水切れには強いので年間を通して乾燥気味に育てます。

基本的には用土が中までしっかりと乾いてから、水をたっぷりと与えましょう。

春、気温が15度~20度を超えてくると休眠状態から空けて徐々に成長を始めます。

休眠状態から空けてすぐはまだ水を吸う力も弱いので、少な目の水やりから開始します。

チタノタ農大が動き出して来たら成長に合わせて徐々に水の量を増やしていきましょう。

成長が活発になってきたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

チタノタちゃん

日々の観察が大切ですね!

夏も成長期です。用土が中までしっかりと乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

夏場は非常に日差しが強く、水やりの際に葉の上に水が溜まったままになってしまうと「レンズ効果」によりスポット状に葉焼けをしてしまう事があります。

水やりの際は日中を避けて日が落ちてくる夕方頃に行うか、葉にはかけずに用土のみに水を与えるようにしましょう。

気温の高い日中に水やりをしてしまうと鉢内部が高温となり、蒸れて根腐れの原因になってしまう事があるので夏場は日中を避けて、気温が低くなってくる夕方頃に水を与えましょう。

注意!

夏は気温が高くなりすぎると成長が鈍化し、水を吸う力が弱まります。(35度くらい)

なので、用土の表面が乾いてても用土の中は乾いていないことがよくあるので注意が必要です。

アガベ属は水切れには強いので、用土の中まで完全に乾いてからの水やりを心がけましょう。

秋、気温が20度以上あるなら成長期です。

通常通り、用土が乾いてから鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

気温が10度を近くになって成長が鈍化してきたら徐々に水を与える頻度、量を減らしていきます。

冬、気温が10度を下回ってくると休眠状態になり成長が止まります。

おーきっど

休眠状態は動物で言う冬眠みたいなものだよ!

休眠状態のアガベは水をあまり吸収する事が出来ないので、たっぷりと水を与えてしまうと用土が乾くのに長く時間がかかってしまい最悪の場合「根腐れ」をしてしまう事があります。

休眠状態のアガベは月に1~2回、株元に2日くらいで乾く程度の軽い水やりをしましょう。

そうすることで、細根が完全に枯れてしまうのを防ぎ、春の休眠開けにスムーズに成長を開始することができます。

用土

水はけの良い用土を使用しましょう。

我が家のアガベ・チタノタ農大は以前、(赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、くん炭、パーライト、マグファンプK)を混ぜた用土を使用していましたが、栄養が多く・水持ちもある程度あったためか、成長はよかったものの葉が伸びて(徒長して)しまいました。

葉の展開スピードが早くなるにつれて鋸歯も弱弱しくなっていきました。

なので、今年からはムチムチの短葉と力強い鋸歯をとり戻すために用土を大幅に変更しました!↓

赤玉土1.5/鹿沼土1.5/軽石7)のほぼ軽石用土です。もちろん肥料無し。

この無機質&即乾き用土で我が家のチタノタがムチムチの短葉と力強い鋸歯を復活させることが出来るのかを実験していきます。

チタノタちゃん

実験結果が楽しみですね!

ポイント

用土の作り方に関しては環境や、株の大きさ、鉢の種類などによっても変わってきますので参考程度に!

植え替え

アガベ・チタノタ農大は根の張りが早い植物なので1年~2年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えを行う際は、あらかじめ水やりを止めておき、しっかりと用土を乾燥させておきます。

おーきっど

植え替え時の根へのダメージを最小限に抑えるためだよ!

実際の植え替え手順↓

枯れている根と葉を整理して用土に植え付けていきます。

注意!

チタノタは根が強く、用土に隙間ができやすいので注意が必要です。

しっかりと根の隙間にも用土が入るように植え付けていきましょう。

植え替えは出来れば春(3月後半~5月)の間に行いましょう。

本格的な成長期前に行う事で成長が鈍化する季節までにしっかりと根を張ることが出来て、調子を崩すことなく夏越、冬越しが出来るようになるでしょう。

もし、「春」に植え替えが出来ずに「秋」に植え替えを行う場合は出来るだけ根をいじらないような植え替えを心がけましょう。

「秋」に大胆に根を整理してしまうと成長が止まってしまう「冬」までにしっかりと根を張ることが出来ず、調子を崩してしまうためです。

植え替えを行う際は用土の中に害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

まん丸オベサ

害虫予防の「オルトランDX」と肥料の「マグァンプK」は用土に混ぜて使える、僕たちの強い味方だよ!

植え替えは植物の体力を非常に使うので「冬」や「真夏」など、成長が鈍化している時期の植え替えは避けましょう。

成長が止まっている時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうリスクがあります。

春が来て植物が動き出すまで我慢しましょう。

肥料

アガベ・チタノタ農大に肥料を与えると成長は早くなりますが、徒長しやすくなるので注意が必要です。

コメント

我が家でもチタノタ農大に肥料を与えていましたが、葉が徒長して鋸歯も弱弱しくなってしまったので、今シーズンは肥料無しで育ててどんな変化があるかを観察しています。

大きな株にしたいのなら、植え替え時に緩効性肥料(マグファンプK)を用土に混ぜて与えるか、成長期に液体肥料を与える事ができます。

緩効性肥料(マグァンプK)の特徴としては肥料効果がゆっくりと長く続くので肥料過多になりにくく、手間がかからないのが特徴です。

緩効性肥料だけでも十分成長させることは出来ますが、もっと早く成長させたい方は成長期(春、秋)に月に1回~2回程度液肥を与えましょう。

ですが、肥料を多く与える事によって起こる肥料焼けや肥料過多には注意が必要です。

液肥は記載の分量通りに希釈していれば問題ないとは思いますが、肥料過多になってしまうのが怖い方は薄めの希釈で与えて様子を見ましょう。

チタノタちゃん

1つ1つ植物にあった、肥料の与え方を調整していこうね!

また徒長が心配な方は、活力剤のメネデールがオススメです。

メネデールとは?

植物の成長に欠かせない「鉄」を根から吸収されやすい「イオン」の形で含む活力剤で、植物用のサプリメントのようなものです。

肥料には入っている「窒素、リン酸、カリ」がメネデールには入っていないため、肥料過多などの心配が無い事も特徴。

病気、害虫

我が家のアガベ・チタノタ農大には幸い、病気になったり害虫が付いたことはありませんが、一般的にアガベに発生する病害虫に気を付けた方が良いでしょう。

病気

アガベは梅雨時期などで湿度が高い状態が続くとまれに「サビ病」「炭疽(たんそ)病」にかかる事があります。

炭素病はウイルス性の病気でアガベの葉を黒く変色させていきます。

野外で雨ざらしにしている場合に発生しやすい病気のようです。

一度、炭疽病にかかると治る事は無く、更には水やりによって他の葉や株に感染していってしまうので見つけ次第、部分的に切除するか株全体に広がってしまっている場合は、残念ですが株元だけを残して胴を切ってしまいましょう。

株元さえ残っていれば子株が吹いてくるのでそのまま成長させていきましょう。

害虫

アガベは屋外で管理しているとまれにカイガラムシアザミウマがつくことがあります。

カイガラムシやアザミウマは吸汁性の害虫で、特に厄介なアザミウマはアガベの若葉中心部に寄生します。

アザミウマは非常に小さく、葉の隙間などに隠れているので目視で見つけるのは困難です。

アザミウマに吸汁された葉は茶色く変色して傷が残ってしまいますが、特に生育に影響が出ることはありません。ただし、アガベの美しい見た目が損なわれてしまうため、発生してしまう前の予防が肝心です。

害虫が発生しやすい時期(6月~9月)に月に1回のペースで「オルトランDX」を用土に撒いたり、「ベニカXネクストスプレー」などを吹きかけましょう。

ポイント

薬剤は用法用量を守って使用すれば、薬害が出る事はあまりありませんが、心配な方はこまめな葉水でも害虫を予防することができます。

まん丸オベサ

日々の観察で害虫が付いていないかを確認することも大事だよ!

最後に

アガベ・チタノタ農大は非常に強く体力のある植物なので、育てる事は簡単です。

ですが、環境があっていないとすぐに徒長して形が崩れてしまいます。

葉焼けしないくらいの強光と、肥料を与えずゆっくり成長させる事、水やり頻度を調節出来ればカッコイイ、チタノタ農大を育てる事が出来ると思います。

皆さんもカッコイイチタノタを育てられるように試行錯誤しながら育ててみてください。

最後まで読んで頂き有難うございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家のアガベ・チタノタ農大、成長記録

2022年(3月~12月)

やはり、チタノタは形を崩さずに成長させるのが難しいように感じる。試行錯誤をしていこうと思う。

-コーデックス・アガベ