コーデックス・アガベ

恵比寿大黒【パキディウム・エブレネウムの育て方】環境、水やり、用土、冬越し方法など徹底解説~

塊根部が扁平に肥大化する独特な形のコーデックス、パキポディウム・エブレネウム

日本では「恵比寿大黒」という和名で親しまれている。

チタノタちゃん

個性的な株姿が目を惹きますね!

現地球と実生株ではまた違った魅力があるよ!

まろ眉グラキ

この記事では実際に【パキポディウム・エブレネウム】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

エブレネウムの育て方

・成長適温は20度~30度以上(春~秋)

・日当たり、風通しの良い場所で育てる。

・春~秋の成長期は用土が乾いてから、水をたっぷりと与える。

・冬場の休眠期はあまり水を必要としないので断水で管理するか、月に1回程度の軽い水やりで抑える。

・用土は水はけの良いものを使う。(我が家は赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、パーライトを混ぜた用土を使用)

・植え替えは出来れば3月の後半~5月の間に行う。

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

パキポディウム・エブレネウム詳細情報

植物名パキポディウム・エブレネウム(恵比寿大黒)
原産地マダガスカル中央部の岩山
分類キョウチクトウ科パキディウム属
成長適温春~秋(20度~30度以上)
成長速度普通~遅い
暑さ強い
寒さ弱い(5度以下は△)
気候日当たり、風通しの良い場所
用土水はけの良い用土
水やり成長期は用土が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与える

特徴

エブレネウムの株の質感はすべすべしており、成長点付近には棘を多くつけます。

成長するにつれて成長点が分岐して、独特な形に成長していきます。

成長期には鮮やかな緑の葉を旺盛に付けて、生命力を感じさせられます。

エブレネウムの現地球は成長点が多数存在して扁平に広がる独特な株姿で、実生のエブレネウムは基本的に丸くて、背が低く可愛らしい見た目なのが特徴です。

まろ眉グラキ

どちらの株も魅力的だね!

生育環境

エブレネウムはマダガスカル中央部の岩山に自生しています。

マダガスカルの気候は温暖で、年間を通して10度~32度くらいまで変化します。

自生している岩山の標高は1400m~2000mなので、現地球は高山性の性質があると言えます。

高山性のエブレネウムは非常に蒸れを嫌うので、蒸れる事の無いように成長期の春~秋は風通しの良い屋外で管理してあげましょう。

注意!

春~秋の時期に屋内で管理をする場合は、必ずサーキュレーターを回すなどして、空気の流れを作ってあげましょう。特に夏の時期は蒸れやすいので注意が必要。

エブレネウムの成長適温は20度~30度以上ですが、日本の真夏の時期は成長が鈍化します。

日本の蒸し暑い夏は、蒸れを嫌うエブレネウム(現地球)にとって過酷な環境です。

夏場は成長させる事よりも株が蒸れない管理を心がけましょう。

ポイント

我が家では実生のエブレネウムを育てていますが、真夏の時期も成長が鈍化することなくどんどん成長しているので、実生のエブレネウムは真夏の時期も成長期と考えて良さそうです。

冬の時期、エブレネウムが落葉したら屋内に取り込んで、出来るだけ5度以下にならないように管理してあげましょう。(落葉しなくても気温が5度以下になりそうなら屋内に避難させます。)

注意!

エブレネウムは高山性のパキポディウムなので寒さにも若干の耐性はありますが、最低でも5度を下回る事の無いように管理した方が良いでしょう。

冬の時期、家の中も5度以下になってしまいそうなら、こちらのヒートマットがオススメです。我が家でも愛用中です↓

日当たり

年間を通して日当たりの良い場所で管理します。

日当たりの良い環境で育てる為に、成長期(春、秋)には出来るだけ屋外で管理して直射日光を沢山当ててあげましょう。

エブレネウムは高山性の植物なので日光が大好きですが、夏場の湿度が高い時期に直射日光に当ててしまうと蒸れやすくなってしまいます。

夏場は日光に当てるより、風通しの良い日陰で管理してあげましょう。

おーきっど

蒸れないことを第一に考えてあげてね!

また、冬の時期に室内管理をしている時でも、出来るだけ日当たりの良い窓辺に置いて、沢山の日光に当ててあげると耐寒性も高める事ができます。(※夜間の窓際は低温になることがあるので注意!)

まろ眉グラキ

エブレネウムは落葉後も表皮から光合成ができるんだよ!

エブレネウムは年間を通して日当たりの良い場所を好むので、どうしても室内管理になってしまう人は育成ライトを活用しましょう。

育成ライトがあれば、日照時間が短い冬の時期も「徒長」や「日照不足」になることなく乗り切ることができます。

我が家で使用している育成ライトです↓

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

エブレネウムは水切れには強いので、根腐れに気を付けながら乾燥気味に育てます。

基本的には用土が中までしっかりと乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

春、気温が15度~20度を超えてくると休眠から空けて徐々に葉が生えてきます。

休眠から空けてすぐはまだ水を吸う力も弱いので、少な目の水やりから開始します。

エブレネウムが動き出して来たら成長に合わせて徐々に水の量を増やしていきましょう。

葉が生え揃い、成長が活発になってきたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

現地球のエブレネウムに関しては真夏の時期は成長が鈍化するので、水やりも控えめに行いましょう。

用土がしっかりと乾いて4日~5日後、気温の低くなってくる夕方頃に少量の水を与えます。

チタノタちゃん

日々の観察で水やりの量、回数を調節していこうね!

実生のエブレネウムは成長期です。

夏場は気温の高い日中に水やりをしてしまうと鉢内部が高温となり、蒸れて根腐れの原因になってしまう事があります。

夏場は日中を避けて、気温が低くなってくる夕方頃に水を与えます。

用土が中までしっかりと乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

葉が生え揃うと葉の蒸散作用も活発になるので、根から水分を吸収するスピードが上がり、用土が乾くのが早くなります。

蒸散とは?

主に植物の葉の気孔から植物の体内にある水分が水蒸気になって外に出る事。

水が不足して、塊根部が凹んでいるエブレネウム(実生)↓

水を与えると数時間で塊根部が膨らみ、元どおりになります↓

塊根部が凹んできても直ちに枯れてしまう事はないので、水やりのタイミングが分からない方は一つの目安にしても良いでしょう。

秋、気温が20度以上あるなら成長期です。

通常通り、用土が乾いてから鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

気温が15度を下回ってくると、徐々に葉が紅葉し始めて休眠の準備に入ります。

落葉し出したら、徐々に水を与える頻度、量を減らしていきましょう。

冬、エブレネウムが完全に落葉すると休眠状態になり成長が止まります。

まろ眉グラキ

休眠状態は動物で言う冬眠みたいなものだよ!

完全に落葉すると、水分が株内から出ていくことがほぼ無くなるので、水やりの必要がなくなります。

現地球のエブレネウムに関しては断水で管理をしましょう。(株が小さい場合は水切れにより、塊根部が凹む場合があるので注意が必要)

実生株の場合は塊根部分の変化を見ながら水やりを調節します。

水やりの目安としてはエブレネウムの塊根部分が凹んできたら、水切れを起こしているので株元に1日で乾く程度の少量の水を与えましょう。

用土

エブレネウムは根腐れしやすい品種なので水はけの良い用土を使用しましょう。

さらに、用土が乾きやすいように鉢は少し小さめがオススメです。

我が家の用土は(赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、くん炭、パーライト)を混ぜた用土を使用しています。※水はけを良くするために用土は必ずフルイにかけて微塵を取り除いておきましょう。

ポイント

用土の作り方に関しては環境や、株の大きさ、鉢の種類などによっても変わってきますので参考程度に!

チタノタちゃん

配合用土も色々と試行錯誤出来そうですね!

用土作りが難しい方は塊根植物用の培養土があるので是非活用してみてください↓

植え替え

エブレネウムは用土の粒状構造が潰れて、排水性が悪くなると根腐れの原因になってしまうので、出来れば2年~3年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えは春(3月後半~5月)の間に行います。

本格的な成長期前に行う事で冬の休眠期までにしっかりと根を張ることが出来て、調子を崩すことなく冬越しが出来るようになるでしょう。

植え替えを行う際は、あらかじめ水やりを止めておき、しっかりと用土を乾燥させておきます。

まろ眉グラキ

植え替え時の根へのダメージを最小限に抑えるためだよ!

エブレネウムの根っこは脆くちぎれやすいので植え替えは慎重に行いましょう。(この時に茶色く枯れてしまっている根は取ってしまって大丈夫です。)

植え替えを行う際は用土の中に害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

チタノタちゃん

害虫予防の「オルトランDX」と肥料の「マグァンプK」は用土に混ぜて使える、私たちの強い味方ですよ!

鉢内に隙間が出来ないようにしっかりと用土を入れていきます。

植え替え完了後もすぐに水やりはせずに、2~3日慣らします。(根の切り口から菌が入るのを防ぐ為)

その後、水やりが必要なら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。(この時に、まだ葉が出てきていない場合は水やりをしなくても大丈夫です。)

注意!

植え替えは植物の体力を非常に使うので「冬」の休眠期の植え替えは避けましょう。

成長が止まっている時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうリスクがあります。

春が来て植物が動き出すまで我慢しましょう。

肥料

エブレネウムはあまり肥料を与えずとも問題なく育ってくれますが、緩効性肥料と成長期に液体肥料を与えることができます。

緩効性肥料(マグァンプK)は植え替えの際に用土に混ぜて使用します。

緩効性肥料(マグァンプK)の特徴としては肥料効果がゆっくりと長く続くので肥料過多になりにくく、手間がかからないのが特徴です。

緩効性肥料だけでも十分成長させることは出来ますが、もっと早く成長させたい方は成長期(春~秋)に月に1回程度液肥を与えましょう。オススメは(ハイポネックス)です。

ですが、肥料を多く与える事によって起こる肥料焼けや肥料過多には注意が必要です。

液肥は記載の分量通りに希釈していれば問題ないとは思いますが、肥料過多になってしまうのが怖い方は薄めの希釈で与えて様子を見ましょう。

まろ眉グラキ

1つ1つ植物にあった、肥料の与え方を調整していこうね!

また肥料では無いですが、活力剤のメネデールもオススメです。

メネデールとは?

植物の成長に欠かせない「鉄」を根から吸収されやすい「イオン」の形で含む活力剤で、植物用のサプリメントのようなものです。

肥料には入っている「窒素、リン酸、カリ」がメネデールには入っていないため、肥料過多などの心配が無い事も特徴。

病気、害虫

幸い我が家のエブレネウムに害虫が付いたことはありませんが、風通しの悪い環境で育てていると「ハダニ」や「カイガラムシ」が発生する事があるようです。

ハダニは暖かく、乾燥している環境で発生しやすい害虫で葉の養分を吸汁する非常に小さい害虫です。

ハダニの予防方法としては葉水をして乾燥するのを防いであげましょう。

カイガラムシは吸汁性の害虫で排泄物は「すす病」の原因となってしまうので、見つけ次第ピンセットなどで取り除きましょう。

すす病とは?

植物の汁を吸う害虫(アブラムシ、カイガラムシなど)が排泄物として糖分を排泄し、その害虫の排泄物にカビが生えた状態をすす病という。

我が家での害虫予防としては植え替えの際にオルトランDXを用土に混ぜ込んで、害虫が発生しやすい時期(5月~9月)に月に1回のペースでベニカXネクストスプレーを吹きかけています。

ポイント

薬剤は用法用量を守って使用すれば、薬害が出る事はあまりありませんが、心配な方はこまめな葉水でも害虫を予防することができます。

まろ眉グラキ

日々の観察で害虫が付いていないかを確認することも大事だよ!

最後に

パキポディウム・エブレネウム(現地球)は高山性の性質を持っていて蒸れに弱く、日本の蒸し暑い環境下では少し気難しいかもしれません。

ですが、他のパキポディウム属に比べると少し耐寒性があり(5度以下は×)冬越しはあまり難しくは無いです。

また、(我が家の)実生のエブレネウムに関しては日本の環境下に慣れているのであまり蒸れる事もなく、冬の休眠時は室内に入れてあげるだけ(暖房器具なし)で問題なく冬越しをしてくれて、さらに、ブレビカウレは水不足だと分かりやすく塊根部分が凹んでくれるので、水やりタイミングも調節しやすく育てやすいと感じています。

皆さんはエブレネウムの「個性的な現地球」、「丸くてトゲトゲ頭の実生株」どっちが好みですか?

気になった方を是非迎えてみてはどうでしょうか?(笑)

最後まで読んで頂き有難うございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家のパキディウム・エブレネウム成長記録

2022年(3月~11月)

今シーズン、葉は旺盛に出したがやはり塊根部分の成長は遅い。

1回り大きくなった程度で成長期を終えた。

-コーデックス・アガベ