観葉植物・サボテン

個性爆発【モンビレア・残雪の峰の育て方】環境、日当たり、水やり、用土、増やし方まで徹底解説~

モンビレア・残雪の峰は名前の通り、峰に残る残雪を思わせる風貌をしており、荒々しく誰も想像がつかない成長を見せてくれるのも魅力。

個体差が激しいため、これぞ唯一無二の植物です。

笹の雪くん

同じ残雪の峰でも形が全然違うから面白いね!

個性的って言葉が一番似合う植物かもね!

おーきっど

この記事では実際に【モンビレア・残雪の峰】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

残雪の峰の育て方

・成長適温は春~秋(20度~30度)

・基本的に日当たりの良い場所で育てる。(夏場は遮光が必要)

・春~秋の成長期には用土が乾いてから水をたっぷりと与える。

・冬場の休眠時はあまり水を必要としないので、月に2回程度の軽い水やりで抑える。

・用土は水はけの良いものを使う。(我が家は赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石を混ぜた用土を使用)

・植え替えは出来れば3月の後半~5月の間に行う。

・3月~5月の間に胴切りで増やすことが可能

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

モンビレア・残雪の峰、詳細情報

植物名モンビレア・残雪の峰
原産地ブラジル、ペルーなど
分類サボテン科、セレウス属
成長適温春~秋(20度~30度)
成長速度遅い~速い(個体により異なる)
暑さ強い
寒さやや強い(3度以下は△)
気候日当たり、風通しの良い場所
用土水はけの良い用土
水やり成長期は用土が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与える

特徴

残雪の峰は「柱サボテン」の突然変異によって生まれた品種。

個体差が激しく、一株一株の形が大きく違うのも魅力。

頭頂部(成長点)棘の部分には白い綿のようなものが生えており、まるで峰に残る残雪のよう。

通常は全体的に青白い色をしているが、秋~冬にかけて寒さに当たると赤紫色に紅葉して季節の変化も楽しめます。

生育環境

モンビレア・残雪の峰は風通しの良い乾燥した環境を好みます。

成長適温は春~秋20度~30度で成長が活発になります。

夏の時期は気温が30度を超えてくると成長が鈍化して、冬は10度を下回ってくると休眠期に入り成長が止まります。

おーきっど

暑すぎても、寒すぎても成長が鈍くなっちゃうんだね~

出来れば、春~秋にかけては屋外で管理をしてあげましょう。

注意!

屋内で管理する場合は、必ずサーキュレーターを回すなどして、空気の流れを作ってあげましょう。特に夏の時期は蒸れやすいので注意が必要。

冬の時期、残雪の峰は1度〜2度まで耐える事が出来ますが、気温が5度を下回る場合は念のため屋内に取り込んであげましょう。

日当たり

基本的に年間を通して日当たりの良い場所で管理します。

残雪の峰は夏場の直射日光に当ててしまうと葉焼けの原因になってしまうので、夏場は遮光するか、直射日光の当たらない、明るい環境で管理してあげましょう。

笹の雪くん

サボテン科の植物は葉焼けを起こしてしまうと長い期間ダメージ跡が残ってしまうから特に注意が必要だね!

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

モンビレア・残雪の峰は水切れには強いので1年を通して乾燥気味に育てます。

基本的には用土が中までしっかりと乾いてから、水をたっぷりと与えましょう。

春、気温が15度~20度を超えてくると休眠状態から空けて徐々に成長を始めます。

休眠から空けてすぐはまだ水を吸う力も弱いので、少な目の水やりから開始します。

残雪の峰が動き出して来たら成長に合わせて徐々に水の量を増やしていきましょう。

成長が活発になってきたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

おーきっど

日々の観察が大切だね!

夏は気温が高くなりすぎると成長が鈍化し、水を吸う力が弱まります。(35度くらい)

また、気温の高い日中に水やりをしてしまうと鉢内部が高温となり、蒸れて根腐れの原因になってしまう事があります。

夏場は日中を避けて、気温が低くなってくる夕方頃に少量の水を与えましょう。

秋、気温が20度以上あるなら成長期です。

通常通り、用土が乾いてから鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

気温が10度を近くになって成長が鈍化してきたら徐々に水を与える頻度、量を減らしていきます。

笹の雪くん

植物が休眠するための準備だよ!

気温が10度を下回ってくると休眠状態になり成長が止まります。

月に1~2回程度、株の根元を湿らす程度の軽い水やりをしましょう。

そうすることで、細根が完全に枯れてしまうのを防ぎ、春の休眠開けにスムーズに成長を開始することができます。

用土

水はけの良い用土を使用しましょう。

我が家の用土は(赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、パーライト)を混ぜた用土を使用しています。(用土はホームセンターなどで気軽に手に入ります。)

ポイント

水はけを良くするために用土は必ずフルイにかけて微塵を取り除いておきましょう。

植え替え

残雪の峰は根の張りが比較的遅い植物なので2年~3年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えは出来れば本格的な成長期前の3月後半~5月の間に行います。

成長期の直前に植え替えを行う事で成長期に入った時にスムーズに成長をしてくれます。

植え替えを行う際は、必ず用土を乾燥させておきましょう。

おーきっど

植え替え時の根へのダメージを最小限に抑えるためだよ!

「冬」植物の成長が止まっている時期の植え替えは出来るだけ避けましょう。

植物の成長が止まっている時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまう事があります。

注意!

もし、冬の休眠期に植え替えを行った場合は出来るだけ室内の暖かい場所で管理してあげましょう。

植え替えを行う際は用土の中に害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

笹の雪くん

害虫予防の「オルトランDX」と肥料の「マグァンプK」は用土に混ぜて使える、僕たちの強い味方だよ!

肥料

残雪の峰は肥料を与えずとも問題なく育ってくれますが、緩効性肥料と成長期に液体肥料を与えることができます。

コメント

我が家では液体肥料はあまり使っておらず、植え替えの際に緩効性肥料の「マグァンプK」を用土に混ぜて与えています。

もっと残雪の峰を成長させたい場合は成長期(春、秋)に液体肥料も与える事も出来ますが、肥料過多にならないように注意が必要です。もし、液肥を与えるのなら通常より薄めに作って与えましょう。

肥料過多が心配な場合は活力剤を使用しましょう。

私のオススメは「メネデール」です。

メネデールとは?

植物の成長に欠かせない「鉄」を根から吸収されやすい「イオン」の形で含む活力剤で、植物用のサプリメントのようなものです。

肥料には入っている「窒素、リン酸、カリ」がメネデールには入っていないため、肥料過多などの心配が無い事も特徴。

増やし方

残雪の峰は「胴切り」で増やすことが可能です。

胴切をする時期としては3月~5月(梅雨に入る前)の間が良いでしょう。

ポイント

梅雨の湿気が多く、暖かい時期に同切りを行うと切り口から細菌が繁殖して最悪の場合腐ってしまう事があるので出来れば梅雨前に行う事をおすすめします。

成長点がある枝の部分を清潔なカッターで切り取り、本体から切り放した株の切り口には発根促進剤の「ルートン」をつけて乾かします。

本体側の切り口は細菌が入らないように、「トップジン」や「ダコニール」をつけて乾かしましょう。

発根促進剤の「ルートン」を付けた株は清潔な用土に植えた後、一週間ほどは水を与えずに管理します。

置き場所は日光の当たらない明るい場所で管理しましょう。

一週間後からは少な目の水やりで発根を促しましょう。そういった管理を続けていると↓

(成長期であれば)3週間後くらいには発根します。

こちらの記事で詳しく解説しています↓

実際の手順を写真多めで解説しています。是非、ご覧ください!

病気、害虫

我が家の残雪の峰に害虫が付いたことはありませんが、一般的に植物に発生する害虫に気を付けた方が良いでしょう。

害虫が発生しやすい時期(5月~9月)に月1回程度「オルトランDX」を用土に撒いたり、「ベニカxネクストスプレー」などの薬剤を散布しても良いです。

薬剤をあまり使いたくない場合は、葉水を定期的にしてあげると害虫予防にもなります。

おーきっど

葉水は植物も元気になるし、害虫予防も出来て一石二鳥だね!

ポイント

日々の観察で植物に害虫が付いていないかを観察して、早急に対処することが重要です。

最後に

モンビレア・残雪の峰は暑さ、寒さ、害虫にも強く育てやすい植物です。

それぞれの個体に個性が光って想像の斜め上を行く成長をしてくれます(笑)

皆さんも是非、自分だけのお気に入りの残雪の峰を見つけて育ててみてください。

最後まで読んで頂き有難うございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家の成長記録

2022年(3月~10月)

もっと全体的に成長してくれることを期待していたが、信じられないくらい成長点だけが伸びた。

でも、これはこれで味があって良い。

来シーズンはどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

-観葉植物・サボテン