ユーフォルビア・ビザールプランツ

ボンボン頭【ユーフォルビア・峨眉山の育て方】環境、日当たり、水やり、増やし方まで徹底解説~

丸く無骨な本体から、細くやわらかな葉をつける個性的な植物ユーフォルビア・峨眉山

見た目の可愛らしさとは裏腹に非常に強く育てやすい人気の植物です。

おーきっど

ボンボン頭が可愛い植物だね!

可愛いのに強いのか、ギャップ萌えだね!

まろ眉グラキ

この記事では実際に【ユーフォルビア・峨眉山】を育てている私が体験談を踏まえながら詳しく解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

峨眉山の育て方

・成長適温は春~秋(20度~30度以上)

・年間を通して日当たりの良い場所で育てる。

・春~秋の成長期には用土が乾いたら水をたっぷり与える。

・冬の時期、休眠状態になると断水気味で管理する。(月に1~2回程度、株元が濡れる程度の軽い水やり)

・用土は水はけの良いものを使う。(我が家は赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、パーライトを混ぜた用土を使用。)

・植え替えは出来れば3月後半~5月の間に行う。

・さし木(かき子)で増やすことが可能。

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

ユーフォルビア・峨眉山、詳細情報

植物名ユーフォルビア・峨眉山
原産地ユーフォルビアの種を掛け合わせた、日本生まれの品種
分類トウダイグサ科・ユーフォルビア属
成長適温春~秋(20度~30度以上)
成長速度遅い
暑さ強い
寒さやや強い(3度以下△)
気候日当たり、風通しの良い場所を好む
用土水はけの良い用土
水やり成長期には土が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与える。
基本的に水やりは控えめに行う。

特徴

丸くゴツゴツと木質化した本体の頭頂部から柔らかく繊細な葉を放射状に伸ばします。

非常に子株を付けやすく、本体全体から子株が出てきます。

成長するにつれて本体がどんどんと大きくなることは無く、比較的小さい姿のままで沢山の子株を付けながら成長していきます。

生育環境

峨眉山は風通しが良く乾燥した、高温の環境を好みます。

峨眉山の成長適温は夏型(20度~30度以上)で春から秋にかけて成長が活発になります。

出来れば成長期には屋外管理をしてあげましょう。

注意!

夏の時期に屋内で管理する場合は、必ずサーキュレーターを回すなどして、空気の流れを作ってあげましょう。

まろ眉グラキ

夏の時期の蒸れは怖いよ~

冬の時期、気温が10度を下回ってくると休眠状態なり成長が止まります。

寒さにも強く0度近くまでは耐えられるようですが、5度を下回る場合は屋内に取り込んであげた方が良いでしょう。

日当たり

年間を通して日当たりの良い場所で管理します。

植物は日光不足になると徒長してしまいがちですが、峨眉山は多少の日光不足でも丸い形をキープしたまま育ってくれます。

ですが、日光が必要ないわけでは無いので、特に成長期にはたっぷりの直射日光に当てて元気に育ててあげましょう。

我が家では、夏の時期でも直射日光に当てていましたが葉焼けなどの症状は見られないので、遮光などはあまり必要ないと感じています。

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

峨眉山は水切れには強いので1年を通して、用土をしっかりと乾かしてから水を与えるようにしましょう。

春、気温が15度~20度を超えてくると休眠状態から空けて徐々に成長を始めます。

休眠状態から空けてすぐはまだ水を吸う力も弱いので、少な目の水やりから開始します。

峨眉山が動き出してきたら成長に合わせて徐々に水の量を増やしていきましょう。

成長が活発になってきたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

おーきっど

日々の観察が大切だよ!

夏は非常に成長が活発になる成長期ですが、気温の高い日中に水やりをしてしまうと直射日光に当たった鉢内部が高温となり、蒸れて根腐れの原因になってしまう事があります。

夏場の水やりは日中を避けて、気温が低くなってくる夕方頃に行いましょう。

通常通り用土が乾いてから、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

まろ眉グラキ

夕方頃に株の温度を下げてあげるイメージで水やりをしようね!

秋、気温が20度を超えて峨眉山がまだ成長している場合は通常通り、用土が乾いてから鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

気温が10度近くになって成長が鈍化してきたら徐々に水を与える頻度、量を減らしていきます。

気温が10度を下回ってくると休眠状態になり成長が止まります。

月に1~2回程度、株の根元を湿らすぐらいの軽い水やりをしましょう。

そうすることで、細根が完全に枯れてしまうのを防ぎ、春の休眠開けにスムーズに成長を開始することができます。

用土

水はけの良い用土を使用しましょう。

我が家の用土は(赤玉土、鹿沼土、ゴールデン培養土、軽石、パーライト)を混ぜた用土を使用しています。(用土はホームセンターなどで気軽に手に入ります。)

注意!

水はけを良くするために必ず用土はフルイにかけて微塵を取り除いておきましょう。

植え替え

峨眉山は根の張りが比較的遅い植物なので2年~3年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えは出来れば本格的な成長期前の春(3月後半~5月)の間に行います。

成長期の直前に植え替えを行う事で、成長期に入った時にスムーズに成長してくれます。

植え替えを行う際は、必ず用土は乾燥させておきましょう。

まろ眉グラキ

植え替え時の根へのダメージを最小限に抑えるためだよ!

「春」に植え替えができずに「秋」に植え替えを行う場合は出来るだけ根をいじらないような植え替えを心がけましょう。

秋に大胆に根の処理をしてしまうとまでにしっかりと根を張る事ができず、調子を崩してしまうためです。

植え替えを行う際は用土の中に害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

まろ眉グラキ

害虫予防の「オルトランDX」と肥料の「マグァンプK」は用土に混ぜて使える、僕たちの強い味方なんだ!

植え替えは植物の体力を非常に使うので「冬」の成長が鈍化している時期の植え替えは避けましょう。

成長が鈍化している時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうリスクがあります。

春が来て植物が動き出すまで我慢しましょう。

肥料

峨眉山は肥料を与えずとも問題なく育ってくれますが、緩効性肥料と成長期に液体肥料を与える事ができます。

ポイント

我が家では液体肥料はあまり使っておらず、植え替えの際に緩効性肥料の「マグァンプK」を用土に混ぜて与えています。

もっと峨眉山を早く成長させたい場合は成長期(春~秋)に液体肥料を月に1回程度与えましょう。

オススメは「ハイポネックス」です。

注意!

肥料は基本、植物の成長を助けてくれますが、与えすぎると植物の「毒」にもなってしまいます。肥料過多にならないように注意して与えましょう。

増やし方

峨眉山はさし木(かき子)で増やすことができます。

さし木は成長期の4月~9月上旬に行いましょう。(※梅雨の時期は菌が繁殖しやすいので避けます)

峨眉山の子株は外れにくいのでハサミで切り放して、切り口をしっかりと乾かしましょう。

切り取った子株を用土に植えこんで、雨の当たらない明るい日陰で1週間程度置いておきます。

おーきっど

切り取った子株をいきなり直射日光下にさらすと体力を奪われて枯れてしまうがあるんだよ!

その後は親株と同様の置き場に移して、また1週間ほど空けてから水やりを行うようにしましょう。

大体2週間ほどで根が伸びてきます、これで峨眉山のさし木は完了です。

病気、害虫

我が家の峨眉山に害虫が付いたことはありませんが、一般的に植物に発生する害虫に気を付けた方が良いでしょう。

害虫が発生しやすい時期(5月~9月)に月1回程度「オルトランDX」を用土に撒いたり、「ベニカXネクストスプレー」などの薬剤を散布しても良いです。

薬剤をあまり使いたくない場合は、葉水を定期的にしてあげると「ハダニ」の予防にもなります。

ポイント

日々の観察で植物に害虫が付いてないか確認して、早急に対処することが重要です。

最後に

ユーフォルビア・峨眉山は水切れ、害虫に強く、日光不足での徒長の心配もありません。

水のやりすぎにさえ気を付けることが出来れば、初心者の方にも非常に育てやすい植物です!

皆さんも是非、愛おしいギャップを持ち合わせている峨眉山を迎えて育ててみてください。

最後まで読んで頂き有難うございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家の峨眉山の成長記録

2022年(3月〜10型)

1シーズンを終えて株の大きさはあまり変わってはいないが、子株が増えた。

来シーズンは親株が見えなくなるほどに更に子株が増えて貰いたい。

子株のさし木にも挑戦したい。

-ユーフォルビア・ビザールプランツ