ユーフォルビア・ビザールプランツ

サボテンって言わないで!【ユーフォルビア・ホリダの育て方】生育環境、水やり、徒長の防ぎ方、用土についてまで徹底解説~

多種多様な形状をもつユーフォルビア属の代表格【ユーフォルビア・ホリダ

サボテンの様な見た目をしているのが特徴です。

まん丸オベサ

トゲトゲしていてカッコイイ!

僕の親戚だけど見た目が全然違うよね!

ほんとにサボテンみたいだね!

笹の雪くん

この記事では実際に【ユーフォルビア・ホリダ】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

ホリダの育て方

・成長適温は20度~30度以上

日当たりと風通しの良い所で育てよう!(日光不足は徒長の原因になるので注意)

・春から秋までは用土が中まで乾いてから+3~4日で、鉢底から水が出てくるまでたっぷり与える。(夏場の蒸れには注意が必要)

・冬の休眠期は断水気味の管理をする。(月に1回程度の軽い水やり)

・水はけの良い土で育てる。我が家では(赤玉土、鹿沼土、軽石、ゴールデン培養土、パーライト)を混ぜた用土を使用。※粉塵は取り除く

・植え替えは2~3年に1度、出来れば春(3月後半~5月)に行う。

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それではどうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

ユーフォルビア・ホリダ詳細情報

ユーフォルビア・ホリダ
植物名ユーフォルビア・ホリダ
原産地南アフリカ、ケープタウン
分類ユーフォルビア属
成長適温春~秋(20度~30度以上)
成長速度普通~遅い
暑さ強い
寒さ強い(3度以下は△)
気候日当たり、風通しの良い場所
用土水はけの良い用土
水やり春から秋までの成長期は鉢底から水が出てくるまでたっぷり与える、冬は断水気味に管理する

特徴

一見サボテンの様にも見えますがサボテン属では無くユーフォルビア属と言う別の種属です。

ホリダの模様は、シマシマ模様のゼブラタイプ、棘が赤く鋭い強刺タイプ、肌が真っ白な白衣タイプなど色々な種類があります。

ちなみに私が育てているのは白衣タイプのホリダと子株ホリダ(種類は謎)です。

白衣タイプのホリダはその名の通り美しい白い肌をしています。↓

ホリダにあるサボテンのような棘は実は花が咲いた後に残る「花柄」です。

硬質化して棘として残ります。

なので、花が付かなかった部分には棘が付きません。

子株のホリダ↓(何のタイプか分かりませんが、白衣タイプじゃないことは確か)

三つの子株ホリダ

我が家に来た時から「花柄」は折れてしまっていてありませんでした。

生育環境

原産地は南アフリカ‐東ケープ州、乾燥した丘の岩場などに自生しています。

年間の平均温度比較

https://ja.weatherspark.com/compare/y/82961~143809/ケープタウン、東京都における平均的な気候の比較

ホリダは日当たり、風通しの良い乾燥した環境を好みます。

日本の環境では、梅雨や夏は多湿で蒸し暑くなるので、注意が必要です。

風通しの悪い蒸れを嫌うので、風を良く当てて乾燥気味に育ててください。

笹の雪くん

蒸し暑い時期に屋内管理をする場合はサーキュレーターを回して空気の流れを作ってあげようね!

ホリダの成長適温は20度~30度以上なので、日本では春~秋が成長期になります。

春~秋の成長期は室外で管理します。

白衣ホリダは雨ざらしにしてしまうとせっかくの綺麗な白い粉が落ちてしまうので軒下など、屋根の付いている場所で管理してあげましょう。

冬の時期、ホリダは寒さにも強く、0度まで耐える事ができるようですが念のため気温が5度以下になりそうなら屋内に入れてあげた方が良いでしょう。

日当たり

年間を通して日当たりの良い場所で育てます。

ユーフォルビア・ホリダは春から秋にかけての成長期は屋外で管理し、直射日光に当ててあげる方が元気に育ちます

また、日光不足だと徒長して株の形が崩れてしまうので沢山日光に当ててあげてください。

まん丸オベサ

日光が足りないと日光を探し求めて、上に伸びちゃうよ!

ですが、西日や夏場の直射日光に当てると株が日焼けをしてしまい、見た目が損なわれてしまう事があります。夏場は少し遮光してあげた方が良いでしょう。

また、室内管理からすぐに強い直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こす事があるため注意!(子株は更に葉焼けしやすいです)

葉焼けしているホリダ

日当たりは徐々に慣らしていくことが重要です。

ちなみに、同じ環境下で管理していた「白衣ホリダ」には葉焼けのような症状が見られなかったので、白衣ホリダに関しては、直射日光に強いという特徴があると言えます。

ユーフォルビア・ホリダは年間を通して日当たりの良い場所を好むので、どうしても室内管理になってしまう人は育成ライトを活用しましょう。

育成ライトがあれば、日照時間が短い冬の時期も「徒長」や「日照不足」になることなく乗り切ることができます。

我が家で使用しているパネルライトです↓

我が家では育成ライトを使用しだしてから、徒長がぴったりと止まりました。

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

「ユーフォルビア・ホリダ」の自生地は年間を通して降水量は少ないです。

年間の平均降水量比較

水切れには強いので年間を通して乾燥気味、水やりは控えめに育てます。

ポイント

白衣ホリダは上から水をあげてしまうとせっかくの白い粉がはがれ落ちてしまうので、出来るだけ株元に水をあげるようにすると、綺麗な白色が保てます。

春、気温が20度を超えてくると休眠状態からあけて徐々に成長を始めます。

成長を始めてすぐは、まだ水を十分に吸えないので少な目の水やりから開始します。

徐々に気温が上がって、ホリダの成長が活発になってきたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

成長期の水やり目安としては、用土が完全に乾いて+3~4日ほどあけてから、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

まん丸オベサ

メリハリをつけた水やりが元気に育てるコツだよ~!

※ホリダの形を綺麗に保ちたいなら、水やりの頻度は控えめにしましょう。

夏もホリダの成長期ですが、真夏の水やりは注意が必要です。

気温が高くなる日中に水やりを行うと鉢内部の水の温度が高くなり蒸れて、根を痛める危険があります。

なので、気温が低い時間帯(早朝か夜)に行うようにしましょう。

笹の雪くん

夏は水風呂が1番!

秋、気温が20度以上あるなら成長期です。

用土が完全に乾いて+3~4日ほどけてから、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

気温が低くなってくると徐々に成長が鈍化してきます。

成長が緩やかになってくるにつれて、徐々に水やりの回数と頻度を減らしていきましょう。

冬は気温が8度以下になってくると休眠状態になり成長が止まるので、株の大きさにもよりますが断水管理することが可能です。

ただ小さめの株の場合はまだ根も弱く、細根が枯れてしまうと春の休眠開けの成長が遅くなってしまう事があります。

月に1回、1日~2日で乾く程度の軽めの水やりをしてあげると細根が完全に枯れる事を防いで、調子を崩すことなく冬越しすることができます。

大きめの株に関しては完全断水で管理することが可能です。

ホリダの水やり、徒長について

我が家では、土が完全に乾いてからすぐに水やりをしていたところ元気には育っていますが、徒長してしまいました。

形を保ちたいなら用土が完全に乾いて、数日空けてからの水やりが良いでしょう。(私は、+4日ぐらいから始めて様子を見ながら調節していこうと思っています。)

ポイント

※徒長は水やりの他にも、日光不足や、肥料のあげすぎ、環境、用土によって影響をうけます。

皆さんも自身の環境で試行錯誤してみてください。

用土

水はけの良い土を使用しましょう。

我が家の用土は(赤玉土、鹿沼土、軽石、ゴールデン培養土、パーライト)を混ぜた用土を使用しています。参考程度に!

注意!

水はけを良くするために必ず用土はフルイにかけて微塵を取り除いておきましょう。

植え替え

ホリダの根っこ

ユーフォルビア・ホリダは根の張りがそこまで盛んではないので植え替えは2~3年を目安に植え替えを行いましょう。

植え替えを行う際はあらかじめ水やりをやめておき、しっかりと土を乾燥させておきましょう。

笹の雪くん

植え替え時のダメージを最小限に抑える事ができるよ!

植え替えは出来れば休眠から空けてホリダが動き出す春(3月後半〜5月)に行います、ホリダが成長期に入り、動き出してから行うことで根のダメージを早く回復させることができます。

もし、「春」に植え替えを行う事ができずに「秋」に植え替えを行う場合は出来るだけ根をいじらないような植え替えを心がけましょう。

「秋」に大胆に根を整理してしまうと「冬」までにしっかりと根を張ることが出来ずに調子を崩してしまう事があります。

植え替えを行う際は害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

植え替えは植物の体力を非常に使うので「冬」の成長が止まっている時期の植え替えは避けましょう。

成長が止まっている時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうリスクがあります。

春が来て植物が動き出すまで我慢しましょう。

肥料

ユーフォルビア・ホリダはもともと栄養の少ない土壌に生息しているのであまり肥料を与えなくても問題ないですが、緩効性肥料と成長期には液体肥料を与える事ができます。

緩効性肥料(マグァンプK)は植え替えの際に用土に混ぜて使用します。

緩効性肥料(マグァンプK)の特徴としては肥料効果がゆっくり長く続くので肥料過多になりにくく、手間がかからないのが特徴です。

ホリダに関しては、緩効性肥料だけでも十分だと思いますが、もっと肥料を与えたい場合は成長期(春~秋)に月に1回、通常より薄めた液肥を与えることができます。オススメは(ハイポネックス)です。

注意!

肥料を多く与えることによって起こる肥料焼けや肥料過多には充分注意してください。

まん丸オベサ

1つ1つの植物にあった肥料の与え方を調整していこうね!

また肥料では無いですが、活力剤のメネデールもオススメです。

メネデールとは?

植物の成長に欠かせない「鉄」を根から吸収されやすい「イオン」の形で含む活力剤で、植物用のサプリメントのようなものです。

肥料には入っている「窒素、リン酸、カリ」がメネデールには入っていないため、肥料過多などの心配が無い事も特徴。

増やし方

ホリダは株分けで増やす事ができます。

ユーフォルビア・ホリダは株のサイズが大きくなってくると根元から子株を生やします。

株分けは成長期なら特に問題は無いですが、出来れば3月後半~5月の間に行いましょう。

子株を親株から外します。(ユーフォルビア属の傷口から出る白い液体は皮膚につくとかぶれる事があるので注意しましょう。)

子株に根が生えていないのなら切断面を下にして無菌の用土の上に置きましょう。

そして、水やりはせずに直射日光の当たらない風通しの良い場所で管理していると2~3週間で発根してくるので発根が確認出来次第、水を与えて通常管理できます。

病気、害虫

病気

ユーフォルビア・ホリダはサビ病にかかることがあります。

被害部位がサビたように変色し、株の成長が阻害背れて最悪の場合枯れてしまうことがあります。

サビ病にかかった部位は切り取って殺菌しましょう。

害虫

カイガラムシがつくことがあります。カイガラムシは様々な植物に発生し吸汁します。

また、カイガラムシの排泄物によりすす病が発生してしまうことがあるので、早急に対処しましょう。

カイガラムシは硬いからに守られていたり、水などを弾くふわふわの毛が生えているものがいるため薬剤のスプレーが効かないことが多いです。

笹の雪くん

カイガラムシは強敵だね!

なので、見つけた場合は手作業でブラシなど使い地道におとしていきます。

その後は(ベニカXネクストスプレー)など、害虫予防のスプレーを吹きかけておきましょう。

※白衣ホリダにスプレーをかけると、白い粉がとれて見た目が損なわれてしまうことがあるので注意が必要。

害虫が発生しやすい時期(5月~9月)に月に1回のペースでオルトランDXを用土の上に撒くことで防虫、殺虫することも可能。

最後に

日当たりの良い場所で、少し乾燥気味に育てる事を意識すると元気に成長してくれます。

注意すべきは徒長の原因となる日光不足と水やりです。

とは言いつつ私もホリダを盛大に徒長させてしまったので、来シーズンからは水やりや日当たりを見ながら試行錯誤していきます。

最後まで読んで頂き有難うございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家のホリダの成長記録

2022年(3月~10月)

3月時点でのホリダは小さく良い形を保っていますが、10月時点でのホリダは徒長のお手本見たいな徒長をしてしまっています。

徒長はもう治らないので、来シーズンは休眠開けの水やりを控えめにして、日光をいっぱい当てて徒長を防いで、徒長した部分が横に太ってくれることに期待です。

3月時点のホリダは小さく可愛らしい見た目をしていますが、10月時点では伸び伸びと育ってしまっています。

逆に今後どういう成長を見せてくれるのか、楽しみなホリダです(笑)

-ユーフォルビア・ビザールプランツ