コーデックス・アガベ

アガベ界のファッショ二スタ【アガベ・笹の雪の育て方】水やり、日当たり、用土についても徹底解説〜

アガベ・笹の雪は緑色の肉厚の葉に白いペンキを垂らしたような模様が入っています。

アガベの中でも他には無い個性的でスタイリッシュな見た目をしており、笹の雪が好きな人は多いのでは無いでしょうか?(私もその1人です笑)

まん丸オベサ

アガベ界きってのオシャレさんだね!

スタイリッシュなんて、照れるな~

笹の雪くん

この記事では実際に【アガベ・笹の雪】を育てている私が体験談を踏まえながら育て方を解説していきます!

結論、基本的な育て方はこのような感じです↓

笹の雪の育て方

・成長適温は20度~30度

・日当たりと風通しの良い所で育てる(夏場は遮光が必要)

・春~秋までは土が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷり与える!(※夏場の蒸れには注意!)

・冬の時期は断水気味の管理をしよう!(月に2~3回、1~2日で乾く程度の水を与えます)

・水はけの良い土で育てよう!(赤玉土、鹿沼土、軽石、ゴールデン培養土、パーライト)※必ず粉塵は取り除いてください!

・植え替えは春(3月~5月)にする(春に出来なかった場合は秋に行う)

そのほかにも【肥料、病害虫】なども含めて詳しく解説していきます!

それでは、どうぞ!

\気になる項目へ飛んでね!↓/

アガベ・笹の雪の詳細情報

植物名アガベ・笹の雪
原産地アメリカ南部メキシコ北部
分類リュウゼツラン科アガベ属
成長適温春〜秋(20度~30度)
成長速度普通~遅い
暑さ強い
寒さ強い(-5度以下は×)
気候日当たり、風通しの良い場所を好む
用土水はけの良い用土
水やり用土が完全に乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷり与える

特徴

白いペンキを垂らしたような模様で、葉を放射状に展開し、葉の先端には鋭く小さい棘をつけています。

キレイ目なお部屋に置いても違和感のないくらいスタイリッシュで、おしゃれな鉢と合わせるとさらに立派な部屋のインテリアにもなります!

生育環境

笹の雪の自生地はメキシコ、ドゥランゴなどです。

年間の平均気温比較

https://ja.weatherspark.com/compare/y/3659~143809/ドゥランゴ、東京都における平均的な気候の比較

メキシコ・ドゥランゴでは温暖な気温が続きますが気温差が大きく平均最高気温は21度〜31度、平均最低気温は1度〜15度になります。

笹の雪は温暖で風通しが良い場所を好みます。

15度~30度が成長適温になるので、春と秋に成長が盛んになります。

日本の梅雨や夏は多湿で蒸し暑くなるので、注意が必要です。

東京都とドゥランゴの湿度比較

一か月(30日)で人間が蒸し暑く不快に感じる日が何日あるかの比較表です。

上記の表の通り、日本に比べて笹の雪の自生地では蒸れる事はほぼ無いようです。

笹の雪くん

自生地は乾燥している日がほとんどなんだね!

笹の雪は特に葉が密に生えており、非常に蒸れやすくなってしまうので、風を良く当てて育ててください。

冬の時期は気温が氷点下になりそうなら屋内に入れてあげましょう。(株の大きさにもよりますが耐寒性は-5度ともいわれています。)

まん丸オベサ

蒸し暑い時期に屋内管理をする場合はサーキュレーターを回して空気の流れを作ってあげようね!

日当たり

1年を通して日当たりの良い場所で育てます。

成長期(春~秋)は出来るだけ屋外で管理し、日光に当ててあげる方が元気に育ちます。

注意!

ですが、夏の時期の直射日光は葉焼けを起こす事があるため注意が必要です!

我が家では夏の時期、午前中だけ直射日光のあたるベランダで管理していたのですが葉焼けの症状を確認しました。照度計で測ったところ「6万3千ルクス」の値が表示されていました。

葉焼けの原因としては、水不足だったり、室内管理からいきなり室外管理に切り替えたり、色々な要因がありますが、同じ環境で育てている別のアガベ種には葉焼けの症状が確認出来なかったので、笹の雪は他のアガベ種に比べて葉焼けしやすいように思います。

夏の時期は「網戸や」「寒冷紗」で遮光してあげる方が良いでしょう。

冬の時期に室内管理をする場合は明るい窓辺に置くか、出来れば植物育成ライトを使いましょう。

水やり

植物の水やりに正解は無いのであくまで参考程度に読んで頂き、自分の植物の環境にあった水やりを見つけて頂きますようお願いします。

笹の雪は基本的には用土が中までしっかりと乾いてから、水をたっぷりと与えましょう。

笹の雪は葉が密に生えていて葉の隙間に水がたまると蒸れてしまう事があります。

できるだけ、水指などを使用して用土にだけ水をかけてあげるようにしましょう。

春は成長期です。用土が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷり与えます。

そしてまたしっかりと用土が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。

メリハリをつけた水やりを心がけると根腐れなどもせず、力強い根を張らせることが出来ます!

真夏の水やりは、注意が必要です。

夏場は気温が高くなる日中に水やりを行うと鉢内部の温度が高くなり鉢内が蒸れて根を痛めてしまう事があります。

笹の雪くん

蒸しパンみたいに根っこが蒸気で蒸れちゃうんだ!

なので、夏場は気温が高くなる日中よりも低い時間帯(早朝か夜)に水やりを行うようにしましょう。

秋、気温が20度を超えて入れば通常通り用土が乾いてから鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

気温が10度を下回り成長が鈍化してきたら、徐々に水を与える頻度、量を減らしていきます。

まん丸オベサ

植物の動きに合わせた水やりが大事だね!

冬は最高気温が10度を下回ってくると成長が鈍化してほぼ止まります。

成長が鈍化した状態で水をたっぷりと与えるといつまでも用土が乾かない状態(2週間以上)が続いてしまい、根腐れの原因になります。

成長が止まったら断水気味で管理します。

月に2~3回、株元に1~2日で乾く程度の少量の水を与えましょう。

アガベ・笹の雪の水やりサイン

笹の雪は水分が不足すると下葉にシワが入ってきたり、葉の真ん中が凹んできます、逆に水分をたっぷり蓄えると葉の真ん中が膨らみます。

水をついついあげすぎちゃうという人は一つの目安にしてください。

用土

水はけの良い用土を使用しましょう。

私が使っている用土は、(赤玉土、鹿沼土、軽石、ゴールデン培養土、パーライト)を混ぜた用土を使用しています。水はけを良くするために用土は必ずフルイにかけて微塵を取り除いておきましょう。

ポイント

株のサイズや、鉢の大きさ、環境によっても配合する用土や量が変わってくるので自身の環境に合った配合量を探してみてください。

まん丸オベサ

用土も試行錯誤していこうね!

植え替え

笹の雪は根が張りやすいので、1〜2年で植え替えを行います。

植え替えを行う際はあらかじめ水やりをやめておき、しっかりと土を乾燥させておきます。

笹の雪くん

植え替え時のダメージを最小限に抑えるためだよ!

植え替えは出来れば春(3月~5月)の間に行いましょう。本格的な成長期前に行う事で成長が鈍化する季節までにしっかりと根を張ることが出来て、調子を崩すことなく夏越し、冬越しが出来るようになるでしょう。

もし、春に植え替えができずに秋に植え替えを行う場合は出来るだけ根をいじらないような植え替えを心がけましょう。秋に大胆に根を整理してしまうと冬までに根をしっかりと張ることができず、調子を崩してしまうためです。

植え替えを行う際は用土の中に害虫予防の「オルトランDX」と緩効性肥料の「マグァンプK」を入れておきましょう。

まん丸オベサ

害虫予防の「オルトランDX」と「マグァンプK」は用土に混ぜて使える、僕たちの強い味方なんだよ!

植え替えは植物の体力を非常に使うので「冬」や「真夏」など、成長が鈍化している時期の植え替えは避けましょう。

成長が鈍化している時期に植え替えを行ってしまうと、植え替え時のダメージが回復できずに弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうリスクがあります。

春が来て植物が動き出すまで我慢しましょう。

肥料

アガベ・笹の雪はもともと栄養の少ない土壌に自生しているのであまり肥料を与えずとも問題ないですが、緩効性肥料と成長期には液体肥料を与える事ができます。

緩効性肥料(マグァンプK)は植え替えの際に用土に混ぜて使用します。

緩効性肥料(マグァンプK)の特徴としては肥料効果がゆっくりと長く続くので肥料過多になりにくく、手間がかからないのが特徴です。

緩効性肥料だけでも十分成長させることは出来ますが、もっと早く成長させたい方は成長期(春、秋)に月に1回~2回程度液肥を与えましょう。オススメは(ハイポネックス)です。

ですが、肥料を多く与える事によって起こる肥料焼けや肥料過多には注意が必要です。

液肥は記載の分量通りに希釈していれば問題ないとは思いますが、肥料過多になってしまうのが怖い方は薄めの希釈で与えて様子を見ましょう。

笹の雪くん

1つ1つ植物にあった、肥料の与え方を調整していこうね!

また肥料では無いですが、活力剤のメネデールもオススメです。

メネデールとは?

植物の成長に欠かせない「鉄」を根から吸収されやすい「イオン」の形で含む活力剤で、植物用のサプリメントのようなものです。

肥料には入っている「窒素、リン酸、カリ」がメネデールには入っていないため、肥料過多などの心配が無い事も特徴。

増やし方

アガベ・笹の雪は株分けで増やす事ができます。

様々な種類のアガベを育てていますが笹の雪は他の品種に比べて子株が生えやすいです。

子株が出てきたら植え替えの際に親株と離して別の鉢に植え替えます。

あとは通常管理で育てていきます。

注意!

※子株は非常に小さな段階で親株から引き離してしまうとそのまま成長できずに枯れてしまう事があります。ある程度成長させてから株分けを行いましょう。

他に種子で増やす方法もあります。

笹の雪の種子はまだ園芸店での取り扱いは少なくネットショップなどで販売しているのでネットショップ経由で手に入れるのが無難でしょう。

私が種子を購入しているネットサイトは「seedstock」さんです。

是非調べてみてください!

病気、害虫

病気

アガベ・笹の雪は梅雨時期などで湿度が高い状態が続くとまれに「サビ病」「炭疽(たんそ)病」にかかる事があります。

炭素病はウイルス性の病気でアガベの葉を黒く変色させていきます。

一度、炭疽病にかかると治る事は無く、更には他の葉や株に感染していってしまうので見つけ次第、部分的に切除するか株全体に広がってしまっている場合は、残念ですが株元だけを残して胴を切ってしまいましょう。

株元さえ残っていれば子株が吹いてくるのでそのまま成長させていきましょう。

害虫

アガベは屋外で管理しているとまれにカイガラムシアザミウマがつくことがあります。

カイガラムシやアザミウマは吸汁性の害虫で、特に厄介なアザミウマはアガベの若葉中心部に寄生します。

アザミウマは非常に小さく、葉の隙間などに隠れているので目視で見つけるのは困難です。

アザミウマに吸汁された葉は茶色く変色して傷が残ってしまいますが、特に生育に影響が出ることはありません。ただアガベの美しい見た目が損なわれてしまうため、できれば発生してしまう前に薬剤を散布し、予防しましょう。

虫が発生しやすくなる時期に、1か月に1度くらいのペースでベニカXネクストスプレなどの薬剤をアガベにしっかりと散布し、予防してください。

その他のおすすめの薬剤はオルトランDXです。

植え替えの際に用土に混ぜ込んだり、害虫が発生しやすい時期(6月~9月くらい)に月に1回くらいのペースで土に撒きましょう。

土にまくだけで薬剤が水に溶けて植物に吸収され、植物全体を吸汁性の害虫から守ってくれます!

花について

アガベは一生に一度花を咲かせます、その前には大量の子株を付けて親株は枯れてしまいます。

ですがアガベが花を咲かせるのは50年に一度とも言われ非常に珍しいので、花が咲くと枯れてしまうという心配はあまりしなくてもよさそうです(笑)

笹の雪くん

花を咲かせたら枯れちゃうけど子株はいっぱい残すよ!

花言葉【気高い貴婦人】【繊細】

アガベには【気高い貴婦人】【繊細】という二つの花言葉があります。

アガベは数十年に一度だけ花を咲かせて生涯を終えてしまいます、この事から【気高い貴婦人】【繊細】と言う花言葉がつけられたのだと考えられます。

最後に

アガベ・笹の雪は水やりを頻繁にしなくても良く、病害虫にも強く比較的育てやすい植物です。

注意すべきは、夏の直射日光、水の与えすぎ、風通しの悪さ(蒸れ)です。それさえ気をつける事ができれば元気なアガベ・笹の雪を育てる事ができるでしょう。

みなさんも是非、笹の雪の花を見ることを目標に育ててみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!

一緒にボタニカルライフ楽しみましょう!

我が家の笹の雪成長記録

2022年(3月~11月)

1シーズンで何回か葉が展開したものの、その分下葉が枯れていったので葉数は変わっていない。

葉数をいっぱい増やして丸いフォルムの笹の雪を目指そうと思う。

-コーデックス・アガベ